iPhone7/7 Plus 発売日まであとわずか!気になる新機能・デザイン・スペックまとめ

iPhone7/7 Plus 発売日まであとわずか!気になる新機能・デザイン・スペックまとめ

iPhoneシリーズの新型iPhone7/7 Plusがついに発売です。2016年9月7日現地時間午前10時(日本時間は9月8日午前2時)に「Apple Special Event」で発表された情報をもとに気になる新機能・デザイン・スペックなどをまとめていきます。

今までAndroidユーザーだった方も今回のiPhone7/7 Plusの新機能をきっかけに乗り換えてもいいかなと思うかもしれませんね。

2016年9月7日に発表された「Apple Special Event」は以下リンク先で視聴することができます。

iPhone7/7 Plusの新機能10

「Apple Special Event」では新しいiPhone7/7 Plusについて新しい10の機能が発表しました。

(1)2つの新しいデザイン

iPhone7 デザイン

シャープでシンプルにこだわってきたAppleは、「ゴールド」「シルバー」「ローズゴールド」に加え新しく2つのデザインを開発しました。マット仕上げの美しい「ブラック」と高光沢の「ジェットブラック」です。

筐体は航空関係にも使われるほどの強靭な強度を誇る合金、7000シリーズアルミニウムで作られており、iPhoneを保護してくれそうです。

iPhone7/7 Plus で改良されたカメラ機能のために「ブラック」「ジェットブラック」はデザインされたもかもしれませんね。

「ジェットブラック」についてはAppleの公式サイトの「iPhone7 – 仕様」ページに以下の記述が小さく書かれていました。

ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。

摩擦によって傷つきやすいということでしょうか。「ジェットブラック」を買うなら保護ケースが必須になりそうですね。どのデザインのカラーを選んでもケースを着用することをおすすめしますが。

(2)1日に何百回も押すホームボタン

iPhone7 ホームボタン

ホームに戻る・マルチタスクを起動する・Siriを呼ぶ・Touch IDで指紋認証をする・Apple Payで支払いや2回タップして片手モードを起動するなど、1日に何百回も押すホームボタンがiPhone7/7 Plusでは新しい入力方法に生まれ変わりました。

これまでは物理的なボタンでしたが、iPhone7/7 Plusでは新しくTaptic Engine(タプティックエンジン)を搭載し、感圧式のホームボタンになります。

Apple WatchやMacbookにも搭載されている機能で、ボタンを指で押すと僅かな振動を感じ、物理ボタンを押したような感覚を感じることができまるそうです。この機能を試した報道陣は、賛否がわかれており、押した感じに違和感を感じる人もいれば、新ボタンを気に入ったと意見を言った人もいます。

今までの物理ボタンを使っていたユーザーは慣れるまで時間がかかるかもしれませんね。

今回のホームボタンはサードパーティにより動作を制御できるようにもなっています。

(3)防沫性能、耐水性能、防塵性能

iPhone7 防水防塵

IPhone7/7 Plusから防水防塵に対応しました。仕様はIEC規格60529にもとづくIP67等級とのことです。

手を滑らせて、水たまりなどに水没させてしまったり、砂浜に落としてしまうぐらいなら問題なく十分保護してくれそうですね。お風呂場に持ち込んで音楽を楽しむこともできるかもしれません。

ただし、水中で使えるというわけではないので過信しないように。Appleの公式サイトでも耐水という表記がなされています。

「防沫性能、耐水性能、防塵性能」について、Appleの公式サイトの「iPhone7 – 仕様」ページに以下の記述が小さく書かれていました。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

この記述によると防沫性能、耐水性能、防塵性能は劣化していくもので、永続的に保証してくれるものではないようです。さらに、水濡れ故障は保証の対象外になるようなので扱いには十分注意が必要です。

(4)先進的な新しいカメラシステム

iPhone7 カメラ

iPhoneでもっとも愛されている機能のカメラが、iPhone7/7 Plusで素晴らしい進化を遂げました。

光学式手ぶれ補正

iPhone6sシリーズでは6 Plusにしか搭載されていなかった光学式手ぶれ補正が今シリーズでは標準で搭載されています。ごく僅かな動きさえ相殺し、iPhone 6sと比べて露出時間が最大3倍長くなっています。

レンズ6枚構成のƒ/1.8の開口部

開口部が大きくなったことにより、iPhone 6sと比べて最大50パーセント多く光が届くようになりました。これにより、十分な光のない暗所でも綺麗な写真や動画が撮れるようになっています。

クアッドLED True Toneフラッシュ

iPhone 6sからさらに2つ増えた4つのLEDを搭載しています。これにより、フラッシュがiPhone 6sよりも50パーセント明るく発光するようになりました。

7MPのフロントカメラ

フロントカメラはiPhone 6sの5MPからiPhone 7で7MPとなり、自撮りがより鮮明に撮影できるようになりました。

さらに、ハイスピードセンサーを搭載することにより速く撮影することも可能になり、iPhone7/7 Plusに搭載されているA10 Fusionチップの中に改良されたISP(画像信号プロセッサ)、機械学習によってより美しく写真を仕上げてくれます。

RAWファイルも取り出せるようになり、サードパーティにRAWファイルを扱うAPIの提供もされます。

2つのカメラが一つになるiPhone 7 Plus

7と7 Plusのスペック面で一番大きな違いはこのカメラ機能です。7 Plusでは7の広角カメラに加えてもう一つの望遠カメラを使った、デュアルカメラを搭載されています。

デュアルカメラにより、光学2倍ズームと10倍デジタルズームにが可能になります。この高性能なズーム機能により遠くの被写体も美しく撮影できます。

一眼レフのような「ボケ」

7 Plusではデュアルカメラによってデジタル一眼レフにしかできなかったような「ボケ」のかかった撮影もできるようになりました。背景をぼかして、人物をよりシャープに美しく鮮明に撮ることができます。

AppleのTim Cook(ティム・クック)CEOがiPhone7 Plusで取られた高画質な写真を公開していますので一度チェックしてみるといいでしょう。

(5)最も明るく、最もカラフルなディスプレイ

iPhone7 ディスプレイ

ディスプレイはRetina HD Displayになり、25%の輝度が向上し、広色域で鮮やかな色が再現でき現実世界に近い映像がディスプレイで見ることができるようになりました。

また、3D Touchも、一段と便利になっているようです。

(6)臨場感あふれるステレオスピーカー

iPhone7 ステレオスピーカー

iPhoneの上下にスピーカー搭載されました。これによりiPhone単体でステレオサウンドが楽しめるようになります。iPhoneでNetflix、Hulu、U-NEXTのような動画配信サービスを利用する人にとっては嬉しい機能改善ですね。オーディオ出力はiPhone 6sの2倍になっています。

(7)LightningコネクタがついたEarPods

iPhone7 EarPods

iPhone7/7 Plusからはイヤフォンジャックが廃止となりました。イヤフォンジャックは長い間議論されてきたものですが、多くのテクノロジーを詰め込んだスマートフォンにアナログなものを搭載するのはいかがなものかと、勇気をだし一歩前進するために廃止となったようです。

iPhone7/7 PlusはLightningコネクタの接続部のみで、EarPodsはLightningコネクタのついたものが同梱されるようになりました。

愛用しているヘッドフォンを持つ人はどうなるの?と思うかもしれませんが、ご安心ください。3.5mmヘッドフォンジャックアダプタもついてくるので、これまで通り音楽を楽しむことができます。

(8)ワイヤレス

iPhone7 AirPods

イヤフォンジャックを廃止することに伴って、「AirPods」という新たなBluetoothイヤホンが発表されました。iPhone、Apple Watchとの設定は自動で行え、デバイス間の切り替えもシームレスに行えるとのことです。

「AirPods」は10月下旬発売なのでiPhone7/7 Plusより少し先になります。

Appleは将来的にはすべてをワイヤレスで繋げることを目指しているようです。

(9)FeliCa(おサイフケータイ機能)に対応したApple Pay

iPhone7 FeliCa

iPhone7/7 PlusからついにFeliCa(フェリカ)に対応します。

これからは電車に乗る時も、コンビニや自販機で買い物をする時もiPhone一つで済ますことが可能になりますね。

Apple Payは2016年10月下旬に無料のソフトウェアアップデートで提供されるとのことです。

(10)パフォーマンス

iPhone7 A10チップ

iPhone 7/7 Plusは、4コア設計のCPUを採用したA10 Fusionチップを搭載し、A9チップより40%高速。A8チップの2倍の速さを誇ります。

バッテリー駆動時間はiPhone7はiPhone6sより最長2時間、iPhone7 PlusはiPhone6s Plusより最長1時間長くなっており、iPhoneでもっとも長くなりました。

チップの性能が上がったことによって、プロセッサの処理速度、グラフィックスの処理速度、消費電力が抑えられ、より速く、より効率よく最高のパフォーマンスがだせるようになりました。

最大256GB。容量を2倍に。

iPhone 7では、32GB、128GB、256GBの容量が用意されており、iPhone6sの2倍になりました。

iPhone7/7 Plusの予約開始日と発売日

  • 予約:9月9日16時1分
  • 発売日:9月16日

iPhone7/7 Plusの予約はオンラインショップがお得

予約するならオンラインショップがお得です。オンラインショップで予約するメリットは以下の5つ。

  • 24時間いつでも予約が可能
  • 取りに行く手間なし!自宅に郵送してくれる
  • 不要なオプションの強制加入なし
  • 事務手数料が安い
  • オンラインショップ限定特典

各携帯キャリア

SoftBankに乗り換えするなら「おとくケータイ.net」を使うと最大50,000円のキャッシュバックが可能です。

最後に

私はiPhone6sを愛用しているのですが、まだ機種変更する予定はありませんでした。今回の発表でiPhone7 Plusに興味をそそられて欲しくなってきちゃいましたね。

「デュアルカメラ」で一眼レフっぽい「ボケ」のかかった写真ができるのはそそられます。手にして撮影してみたいですね。

「おサイフケータイ」「防水防塵」はガラケー時代から既にあった機能ですが、iPhoneはこれまで対応してませんでした。今回のiPhone7/7 Plusで取り入れられたのは嬉しいですね。