iPhoneの写真・音楽・動画を高速データ転送!バックアップできる「AnyTrans」

iPhoneの写真・音楽・動画を高速データ転送!バックアップできる「AnyTrans」

iPhone7 が発売されて機種変更をする方も多いかと思います。その際に今まで使っていたiPhone のデータを新しい iPhone にデータ移行したいですよね。この作業は iTunes にバックアップをとり、新しい iPhone に復元することができます。

しかし、データを選択することができないので、新しいiPhoneには入れたくない不要なファイルやデータがあっても一緒に転送されてしまうのです。

また、パソコンの不具合により iTunes と iPhone を同期したら音楽ファイルが消えてしまったというトラブルもあるんじゃないでしょうか?

AnyTrans ならそういったトラブルを回避できます。

今回紹介するアプリ「AnyTrans」は、iMobie 社が提供しているものの一つです。縁があり、使わせて頂きました。

iPhone・iPad・iPod などの iOS 端末から写真・音楽・動画などのあらゆるデータを転送でき、アプリはMacとWindows 両方に対応しており、初心者にも非常に扱いやすくできていたのでよかったら参考にしてみてください。

iTunesより細かなiPhoneの管理が可能な「AnyTrans」

AnyTransを一言で表すとiPhone・iPad・iPod touchなどのiOS端末のあらゆるデータをMac・Windowsで管理できるデータ転送ツールです。

データ転送の柔軟性は iTunes を凌ぎます。パソコン(Mac・Windows)と iOS端末の双方向のデータ転送からiPhoneからiPhoneへとデータをクローンすることまで可能です。データは必要なものだけ選択して転送することができるので、不要なデータは除外できます。

AnyTrans を使えば iPhone のデータのバックアップから写真・動画・音楽のデバイス間の転送まで困ることはないでしょう。

AnyTrans でサポートされているファイル

メディア・データ 音楽、プレイリスト、オーディオブック、ムービー、 ホームビデオ、テレビ番組、 ミュージックビデオ、 ビデオ(カメラ)、タイムラプス、 スローモーション、ポットキャスト、 iTunes U、着信音、ボイスメモ
個人データ 連絡先、メッセージ、ボイスメール、 ブック、メモ、 カレンダー、 Safari ブックマーク、 Safari 履歴、アプリ
写真 カメラロール、フォトストリーム、 フォトライブラリ、写真共有、 アルバム、 バースト、パノラマ

初心者にも安心の日本語対応

AnyTrans 言語設定ウィンドウ
言語は日本語に対応している

高機能なデータ管理ができるツールは、日本語に対応していないものも多く、英語がわからない方には扱いが難しかったりしますよね。高機能なのは分かっていても日本語に対応していないだけで敬遠してしまう方も多いと思います。

「AnyTrans」は日本語対応していますので、安心してください。

2016年10月21日現在の AnyTrans バージョン 5 で対応している言語は日本語を含め次の4つです。

  • 英語
  • 日本語
  • ドイツ語
  • フランス語

初めて AnyTrans を起動する時に言語の選択がありますが、ここで日本語を選ぶつもりが別言語を選んでしまっても大丈夫。メニューバーから言語を変更することができます。

以下は Mac で言語を変更する時の例です。

「メニューバー」→「AnyTrans」→「言語の選択(上から二番目)」

言語の切り替えもメニューからできる
言語の切り替えもメニューからできる

大事なデータの完全なバックアップ

バックアップ中画面
上図はバックアップ中画面です。

今やiPhoneが生活の一部に深く関わっている方が多いと思います。仕事で必要な書類から家族で出かけた時の思い出の写真や動画、お気に入りの音楽のプレイリストや大切な人からのメッセージなど、大切なデータがiPhoneの中にどんどん積み重なっていきます。

こういったデータは失ったら大変です。生気をなくしてしまいかねない。そこで、バックアップが重要になわけです。

Apple の用意しているバックアップ方法は iTunes と iCloud の2通りがあります。iTunes のiPhoneのバックアップを暗号化にチェックを入れた場合は、iCloud を使用するより、重要な情報もバックアップできるのでこの機能をメインに使っている方も多いのではないでしょうか。

  • iTunes バックアップ
  • iCloud バックアップ

が、これで苦い経験をした人もいるはず。

いざ復元してみたらバックアップしたつもりのお気に入りの曲や動画が入っていないなんて事に。これらのバックアップ方法には欠点があるんですね。ほぼ大事なデータはバックアップが取れますが、PC(Mac・Windows)からインポートした曲や動画などの非購入のコンテンツがバックアップできないんです。

そんな経験をお持ちなら AnyTrans を使ってみてください。iTunes でできなかった曲や動画などの非購入のコンテンツをパソコンにエクスポートすることができます。

バックアップの中身が確認できる

iTunesとiCloudのバックアップの中身が確認できる
iTunesとiCloudのバックアップの中身が確認できる

私は復元するつもりのなかった古いバックアップが新しいiPhoneに入ってしまった苦い経験があります。iTunes バックアップですと一度、復元してみないとバックアップの中身を確認することができないのです。その時は、気づいてからもう一度やり直すことにになりました。

AnyTrans は通常見ることのできない iTunes や iCloud のバックアップの中身を見ることができます。復元してからやっと気づくという時間のロスを事前に防げるのです。AnyTrans を通してのバックアップだけでなく、今までの iTunes・iCloud バックアップ情報も中身を確認できるのは嬉しいですね。

確認できることで安心感を得ることができます。

重要なファイルや好きな音楽を選択して転送できる

必要なデータだけ選択してバックアップできる
必要なデータだけ選択してバックアップできる

バックアップの中身を確認するだけでなく、その中から必要なものだけ選択してiPhoneに転送し復元することもできます。これは iTunes にはできない機能ですね。

選択できることによって不要なファイルは除外することができるので、復元時によりクリーンな状態でデータ転送できます。新しく iPhone を買った時に重要なファイルや好きな音楽のみデータ移行する時に便利です。

旧 iPhone と新 iPhone の2代を USB でパソコンに繋げれば iPhone から iPhone へデータを移すことも簡単です。その場合は接続する USBケーブルが2本必要ですけどね。

ケーブルがない場合は一旦、パソコンにデータ転送しバックアップをとっておいてから新 iPhoneとケーブルを繋げなおし、データを送るとよいでしょう。

最大で 300%の高速なデータ転送で時間短縮

一般的なデータ転送ソフト(アプリ)に比べて、データ転送が高速
一般的なデータ転送ソフト(アプリ)に比べて、データ転送が高速

バックアップのデータ転送なんかは iPhoneの中身をまるっと移動させるので iTunes バックアップを行ったことがある方はわかると思いますが、転送に非常に時間がかかるんですよね。

AnyTrans その転送速度も高速に行われます。一般的なデータ転送ツールより最大で300% 時間を縮めるそうです。データ転送中に他事ができればいいんですが、無駄に画面を見ながら待ってしまう方も多いと思います。

データ転送中のアニメーションは可愛くおしゃれなので見てても飽きさせませんので、待たされるイライラを軽減させてくれますよ。

多彩な機能を備えつつも初心者にやさしい操作性

シンプルでおしゃれなデザイン
シンプルでおしゃれなデザイン

iOS端末のあらゆるデータを扱えて双方向転送もできるのですが、アプリの UI/UX はシンプルにデザインされています。初心者でも直感的にわかりやすくなっていて、操作はほとんどクリックで簡単に扱えます。

データ転送ツールなのに見て触っているだけで楽しさを感じさせてくれます。痒いところに手が届く機能に加えて UI/UX を優れているなと感じました。データ転送でよく見かけるローディングバーだけでなく、面白いアニメーションを体感してみてください。

AnyTrans はこんなときにも大活躍

今回はバックアップについて紹介しましたが、以下のようなことにも活躍するでしょう。

iPhone から iTunes へ音楽データを転送

パソコン(Mac・Windows)を何らかの不具合で初期化してしまって、iTunes ライブラリに曲が消えてしまった時、iTunes は一方向のデータの同期しかできないのでそのまま iPhone と繋いでしまうと iPhone に入れていた曲が上書きされて消えてしまいます。

AnyTrans を使えば iPhone からiTunes のプレイリストを復元することができるのでそんな時も安心です。

iPhone、iPad を USB ストレージとして使える

iPhone、iPad などの iOS端末は基本的に中のファイル構造を見たり触ったりすることができないですが、AnyTrans を使えば可視化することができます。そこにパソコンからファイルなどのコンテンツを追加することができるので、USBストレージの代わりに使えてしまいます。

古い iOS端末を持て余しているならファイルの保存先にしてしまってもいいかもしれませんね。

iPhoneのクローン作成

2つのiPhoneを持っていたら、一方のiPhoneでもう一方のiPhone上書きし中身の一緒なクローンiPhoneを作ることができます。アプリのデータ情報も転送されますが、iOS 8.3以上からセキュリティ設定の変更のためアプリのインストールは行われないようです。

クローン化するiPhoneに元のiPhoneと同じアプリがあればその情報はデータ転送されますが、入ってないものは無視されます。

なので、完全なクローンを作るにはクローン化する iPhone にあらかじめ元のiPhoneと同じアプリをインストールしておく必要があります。

あらゆる動画ファイルをiPhoneで再生できるように変換

iPhoneでは mkv、avchd、wmv、avi、flv などのフォーマット形式には対応していないので動画を再生することができませんが、AnyTrans を使えばiPhoneで動画が楽しめるように自動的にフォーマットを変換してくれます。

無料体験版「AnyTrans」の制限

無料体験版は7日間で1日50項目までの制限付き
無料体験版は7日間で1日50項目までの制限付き

AnyTransは無料ダウンロードすることができ、すぐに使うことができます。ただし、無料ではは制限があり、一日に50項目の転送しかできません。7日後には 期限切れになり使えません。

機能制限なく AnyTrans を使用するにはライセンスコードが必要です。AnyTrans のライセンスプランは以下の3つになります。

  • 個人用ライセンス
  • 家庭用ライセンス
  • ビジネス用ライセンス
ライセンス: 個人用ライセンス 家庭用ライセンス ビジネス用ライセンス
料金: 3999円 9999円 → 5999円 10980円 ※1
サービス: 1 Macで動作可能
終生使用可能
永久無料サポート
永久無償アップグレード
すべての家族のMacで動作
すべての家族のPCで動作
終生使用可能
永久無料サポート
永久無償アップグレード
10台まで動作可能
企業・組織向け
永久無料且つ優先サポート
永久無償アップグレード

※1 10台までの場合、その他 30、60、100、台数無制限のプランあり

3つのプランの他に iMobie 社の PhoneClean という iPhone を最適化やクリーンアップしてくれるアプリとセットのプランも用意されています。両方のライセンスの購入を検討しているなら、30%OFFになる「AnyTrans + PhoneClean」プランがお得です。

抽選5名様まで AnyTrans のライセンスコードを無料プレゼント

今回 AnyTrans を提供している iMobie 社からのご厚意で 5名様までに AnyTrans を1年間使用できるライセンスコードを無料プレゼントしていただけるようになりました。

AnyTrans のライセンスコードが欲しい方は当サイトのTwitterアカウントをフォロー&記事をツイートしてくださいね。

  • 当選者:5名様
  • 商品:1年分のライセンスコード
  • 応募方法:当サイトTwitterアカウントのフォローと本記事のツイート

ライセンスコードはメッセージにてお送りします。個人情報の開示は必要ありませんのでご安心ください。

当選した方には当サイトのTwitterアカウントからダイレクトメッセージにてご連絡いたします。メッセージ送信後3日以内に連絡が取れなかった場合は当選は別の方に移りますのでお気をつけください。

まとめ

  • AnyTrans はiOS端末を管理できるデータ転送ツール
  • 日本語対応
  • 双方向のデータ転送ができる
  • 端末同士の転送もできる
  • 非購入コンテンツのバックアップもできる
  • 高速データ転送
  • UI/UX が素晴らしい
  • データ管理のあらゆることができる

ダウンロード

最後に

いつ不具合を起こしてデータが消えるかわからないのでバックアップを取っておくことは大事です。iPhoneを紛失してしまった時とかもバックアップがあれば新しいiPhoneに連絡先やアプリ情報を復元できますからね。

不測の事態に備えてバックアップは必ず取っておきましょう。

AnyTrans の使い方については以下の公式サイトのオンラインガイドを参考にしてくてください。画像付きで分かりやすいですよ。