SEO効果を倍増させるキーワード選定方法と使えるツール8選
Image courtesy of Stuart Miles / FreeDigitalPhotos.net

SEO効果を倍増させるキーワード選定方法と使えるツール8選

SEO効果を高めるには、良質なコンテンツが重要です。そして、人目を引くキャッチコピーを入れても、そこに検索されるキーワード・関連性の高いキーワードがタイトルやコンテンツあるいは、URLに適度に散りばめられていなければ、検索上位に食い込むことは、難しいでしょう。

どういったキーワードを使ったらいいのか、なかなか浮かばず頭を掻きむしっているのならキーワード選定の手助けになるツールを使ってみてはどうでしょう。

Google検索エンジンの基本的な仕組みを知る

効果的なSEOキーワードを選び出すツール使用法

SEOキーワード対策に使えるツールは多く存在しますが、単に検索数が多いからと闇雲にビックキーワードや複合キーワードなど選んでも、期待する効果は得られなません。よりSEOの効果を高めるためにはSEOキーワードアドバイスツールをうまく使って選定基準を決めましょう。

ブログ・サイトにマッチするキーワード抽出

FerretPLUSの「秘密ワードPro」を使ってサイトやブログの流入キーワードを抽出します。まだアクセスの少ないサイトは、競合サイトや類似するコンテンツページのURLを使って競合はどのようなキーワードでアクセスがあるのか調査して、書きだしておきましょう。

使えるツール

2. 書き出したキーワードの関連ワードを調査

書き出したキーワードを元に、さらに複合キーワードや、類似語、関連性の高いワードを調べます。この中から検索数も高く競合性も低いお宝キーワードが見つかるかもしれません。

使えるツール

キーワードそれぞれの検索数の調査

骨の折れる作業になるかもしれませんが、それぞれのキーワード月間検索数を調べます。月に1000もいかないキーワード排除してもいいかもしれません。しかし、ユーザーの検索キーワードから求めているものはどのようなコンテンツか考えてから判断してもいいでしょう。

使えるツール

キーワードのトレンド確認

検索数と共にトレンドの傾向も調べておきます。SEOに効果のあるキーワードの選定基準に使います。トレンドを抑えておくことで現時点では、あまり検索されていないものでも今後伸びるお宝が見つかるかもしれません。

使えるツール

競合性、キーワード攻略難易度の調査

検索数に対して、SEO攻略の難易度を調べます。まだ始めたばかりのブログなどは、競合性が低く難易度の低いものから攻略していきましょう。

使えるツール

キーワードを決める

た情報をまとめそれを元に、月間検索数が高く競合性の低い攻略しやすい物または、これから伸びそうなキーワードを決めていきます。

キーワード 月間検索数 競合性 難易度 トレンド ライバルサイト 備考欄
攻略するキーワード 月間検索数の数値 (高・中・低) 数値(1~100) URL・(↑・↓・→) URL ライバルサイトの構成やコンテンツの特徴など

キーワード選定の手助けとなるツール7選

検索数を調べられるサービス、類似語や関連性の高いワードが調べられるサービス、検索エンジン対策の難易度が調べれるサービスを集めました。

Google Adwords キーワードツール

google-adwords

キーワードツールでお馴染みのGoogle Adwords キーワードツール、使用には無料登録が必要です。

Google トレンド

google-trends

今の急上昇トレンドや人気度の動向、関連する検索キーワードが調べることができます。

FerretPLUS

ferret-plus

SEO対策に最適な機能が豊富に揃っています。使用には登録が必要です。無料では機能制限があるんですが、無料でも十分過ぎるぐらいです。使う時はある程度目的を絞るといいでしょう。

キーワードアドバイス・秘密ワードPro・キーワード発想・キーワードランキング・楽天市場ランキング・Yahoo!関連語・ブログで話題の機能の他にSEOチェックも行えます。

キーワードウォッチャー

keyword-w

検索数が調べられるツールです。使うには登録が必要で、無料会員は月に20回までしか使用出来ません。ご利用は計画的に

価格・機能 無料会員 ライトプラン ゴールドプラン
月額 0円 2,100円 21,000円
月間検索数上限 20回 500回 10,000回
表示件数 20件 100件 100件
検索可能期間 過去1ヶ月分 過去3ヶ月分 過去13ヶ月分

Übersuggest

Ubersuggest

ユーザ―がこれから検索するキーワードの候補を表示してくれる機能であるGoogleサジェストを一覧にして表示してくれるツールです。Googleの検索フォームに入力すると検索候補がでてくるあれです。

Googleサジェストは検索の人気度が高いワードが出てくるので、SEO対策にいいキーワードが見つかるかもしれません。

使い方

  1. 調べたいキーワードを入力します
  2. 言語を選びます。例、日本語
  3. 画像の文字を入力して「Suggest」をクリック

UnitSearch

unitsearch

Yahoo!関連検索ワードを最大100件まで表示できるツールです。FerretPLUSなどでキーワードランキングを見ると1位付近にYahoo!が入っています。

ユーザーのYahoo!使用率は高いので、Yahoo!関連検索ワードをコンテンツに含めると検索順位の上位が狙えるかもしれません。

weblio類語辞典シソーラス

weblio-r

類義語を検索できるサービスです。Googleは、コンテンツの関連性の高いキーワードも検索結果に反映します。自分では思いつかない類義語を見つけることができるでしょう。

rishirikonbu.jp

rishirikonbu

「関連語・候補キーワード検索数予測ツール」と「SEO難易度チェックツール」が使えます。SEO難易度を評価基準として使うと選定がしやすくなります。

最後に

キーワードを抽出してから選定までの手順を一人で地道にこなしていたら、正直時間がたりません。最初は細かくチェックし過ぎずアバウトな感じで、良質なコンテンツを作る方へ力を注いだ方がいいでしょう。

そこからアクセス解析を行なって実際にどんな検索クエリでユーザーが訪れているのか、どんなコンテンツを求めているのか、データを元に対策を練る方が得策だと思います。